【ギフトにオススメ】ワインに合う麹チーズケーキ

“自然を食べる。里山を食べる。”

麹チーズケーキは、麹の優しい甘さと、しっとりとした食感をお楽しみいただける、グルテンフリーのチーズケーキです。

新潟県上越市安塚の山奥の棚田で、栽培期間中無農薬、化学肥料不使用でつくった酒米を主原料に、里山で採れた季節の素材を贅沢にトッピング。
ひとつひとつ手作りで、オーブンでじっくり丁寧に焼き上げています。

一口食べると、自然で優しい麹の甘さが口いっぱいに広がります。
珈琲やお茶うけにはもちろん、ワインに合わせるのもおすすめです。

¥2,900 (税込)
種類
干柿ラム酒&くるみ
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

麹チーズケーキに縦長サイズが登場です。味は人気の3種類。冷凍クール便で発送です。好きな時に解凍してお召し上がりいただけます。手みやげや内祝いなどのギフトにもおすすめです。

●白砂糖、バター、小麦粉を使わないグルテンフリーのケーキです。


●栽培中は農薬・化学肥料を不使用。新潟県上越市安塚区大原集落で豊かな自然とともに育った五百万石(酒米)を主原料にしています。

●冷凍での配送(賞味期限は冷凍状態で製造日から3ヵ月です)

●冷蔵庫で解凍した後はお早めにお召し上がりください。 

【サイズ】22cm×6cm×5cm 




〈ケーキの種類〉

・いちじく&くるみ

・栗&くるみ

・いちじく&栗


○当商品の地域別配送料一覧はこちら


当商品は、無料でオリジナルのメッセージカードや熨斗をおつけできます。ご希望の方は注文画面の備考欄にて、ご希望のメッセージをご記入ください。(詳しくはこちら



自然をたべる。
里山をたべる。


麹チーズケーキは、麹の優しい甘さと、しっとりとした食感をお楽しみいただけるチーズケーキです。

生乳・クリームでつくった食塩・安定剤不使用のクリームチーズを使用。

砂糖はきび砂糖原料の粗製糖を使用し、白砂糖、バター、小麦粉を使わないグルテンフリーのケーキです。

新潟県上越市安塚の山奥の棚田で、栽培期間中農薬、化学肥料不使用でつくった酒米を主原料に、里山で採れた季節の素材を贅沢にトッピング。

ひとつひとつ手作りで、オーブンでじっくり丁寧に焼き上げています。

一口食べると、自然で優しい麹の甘さが口いっぱいに広がります。

シナモンをかけると、ワインにも合う大人なケーキとしてお愉しみいただけます。



1.「しっとり」と「ぎゅっ」を一緒に味わってください

麹チーズケーキは、棚田の酒米を麹にするところから始まり、幾重にも人の手をかけ焼き上げています。しっとりとした食感と同時に、美味しさがぎゅっと詰まっています。



2. 里山の四季の恵みがたっぷり入っています

里山の季節感をお愉しみいただける干し柿、くるみ、栗、イチジクなどをトッピング。春の蕗、初夏の梅など、季節限定の素材と出会うこともできます。「自然を食べる」そんな麹チーズケーキです。



3.「これは使わない」の選択をしています

主原料となる酒米「五百万石」は栽培期間中、無農薬・化学肥料不使用。ケーキを作るときは合成添加物不使用で、使用する食材も身体への負担感が低いものを中心に選択しています。




麹チーズケーキの
素材をご紹介します


麹チーズケーキにトッピングされている、里山の木の実や果実には、それぞれに個性があります。素材の植物的な特性や個性にも配慮して、魅力が最大限に活きるように手を加えていきます。

里山ボタニカルは、そうやって植物と向き合いながら素材の価値を高めていきたいと思っています。そんな、麹チーズケーキに使われている里山の素材の一部をご紹介します。


いちじく

いちじくは西南アジア原産で、古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれており、トルコでは「聖なる果実」として重宝されています。日本には寛永年間(1624~44年)に伝わったと言われています。上越市安塚区の坊金集落では2018年からいちじくの栽培が始まりました。集落の一角で育てられたいちじくを、坊金生産組合の人たちが早朝に収穫しています。


くるみ

山野の川沿いによく生え、木の高さは約25メートル程になります。晩秋、熟して落ちたくるみを拾い、表皮を数ヵ月蒸らして剥がします。核がまとう固い殻を熱しながら割って種子を取り出し、根気のいる作業を経てようやく麹チーズケーキのトッピングとなります。


干し柿

たわわに実った渋柿の木にはしごをかけ、ひとつひとつ手で収穫。その後皮をむく作業に入ります。柿の渋が指先をやがて黒くし、その指でむいた柿を干して行きます。甘みと旨味がぎゅっと詰まった干柿は、秋の里山と作る人の細やかさからなる宝物です。


多くの酵素が含まれている麹。酒米の五百万石を玄米のまま麹にしています。安塚区の山奥の小さな工房で、冬の寒さと雪国ならではの湿度を活用して作られています。



新潟に持続可能な
里山をつくりたい

私たちはこのケーキづくりを通じ、新潟の衰退が進む中山間地に、持続可能な里山をつくっていきたいと想っています。舞台は、新潟県上越市安塚区。この地域の里山の素材を使ったケーキをたくさんの方に届けていくことが、地域に受け継がれてきた、自然環境と呼応する豊かな暮らしや、生態系を守っていく事にもつながる。そうやって、新潟の豊かな里山を、この先の世代へと届けていきたいのです。




里山の豊かな風景を、この先の世代へ。

安塚の里山には、棚田や、手入れの行き届いた美しい森など、人の暮らしが根付く豊かな風景があります。

これらの財産を先の世代へと受け継いでいくために、里山で採れた素材を使ったり、棚田でお米づくりをしたりして、自然や環境に目を向けた暮らしや活動をこの地域に作り出していきます。



環境負荷の低減と、自然が本来もつ力の再生

田んぼはお米を生み出すだけで無く、その地域の生態系を支える大切な地域資源です。私たちは、麹チーズケーキの素材である五百面万石(酒米)を、栽培中は農薬や化学肥料を使用せずにつくっています。それよって環境負荷を低減するとともに、土地が本来もつ生命力を引き出し、生物多様性を後押しする事に繋げています。



里山に“なりわい”を生み出したい

限界集落となりつつあるこの地域の素材を麹チーズケーキの原料としてつかう事で、需要やなりわいを生み出し、地域経済を後押ししていきたいと想っています。


〈麹チーズケーキ 使用材料〉

・いちじく&くるみ

安塚・大原集落の五百万石(酒米)でつくる玄米麹・クリームチーズ(食塩・安定剤不使用)・平飼いたまご(新潟県産)・粗制糖(きび砂糖原料・鹿児島県産)・焙煎玄米米粉(新潟県産)・いちじく・くるみ・シナモン・クローブ・赤ワイン・天日塩・ふのり


・栗&くるみ

安塚・大原集落の五百万石(酒米)でつくる玄米麹・クリームチーズ(食塩・安定剤不使用)・平飼いたまご(新潟県産)・粗制糖(きび砂糖原料・鹿児島県産)・焙煎玄米米粉(新潟県産)・栗・くるみ・天日塩・ふのり


・いちじく&栗

安塚・大原集落の五百万石(酒米)でつくる玄米麹・クリームチーズ(食塩・安定剤不使用)・平飼いたまご(新潟県産)・粗制糖(きび砂糖原料・鹿児島県産)・焙煎玄米米粉(新潟県産)・栗・いちじく・さるなし・ピンクペッパー・天日塩・ふのり