新潟に、持続可能な里山をつくりたい

舞台は、新潟県上越市安塚区。デザインをくわえながら、この地域の里山の素材をたくさんの方に届けていくことが、地域に受け継がれてきた自然環境と呼応する豊かな暮らしや、生態系を守っていく事にもつながる。そうやって、新潟の豊かな里山をこの先の世代へと届けていきたいのです。


里山の豊かな風景を、この先の世代へ。

安塚の里山には、棚田や手入れの行き届いた美しい森など、人の暮らしが根付く豊かな風景があります。

これらの財産を先の世代へと受け継いでいくために、里山で採れた素材を使ったり、棚田でお米づくりをしたりして、自然や環境に目を向けた暮らしや活動をこの地域に作り出していきます。


環境負荷の低減と、自然が本来もつ力の再生

田んぼはお米を生み出すだけで無く、その地域の生態系を支える大切な地域資源です。私たちは、麹チーズケーキの素材である五百万石(酒米)を、栽培中は農薬や化学肥料を使用せずにつくっています。環境負荷を低減するとともに、土地が本来もつ生命力を引き出し、生物多様性を後押ししていきたいのです。


限界集落に“なりわい”をつくる。

限界集落となりつつあるこの地域の素材をつかう事で、需要やなりわいを生み出し、地域経済を後押ししていきたいと想っています。


里山の素材に付加価値をあたえる“研究開発機関”

キッチントラック Mullet

上越市安塚の里山のめぐみをおとどけしている、里山ボタニカル。私たちは、安塚の素材にデザインを加えながら、里山の価値を伝える食の開発にもとり組んでいます。

そんなフードメニューを開発するのに一役買ってくれているのが、キッチントラック “mullet”。

安塚で採れたさまざまな素材を、私たち独自の視点でその個性や魅力をみきわめ、デザインを加えながらメニューの開発を行なっています。

そして、このキッチントラックでたくさんの方々と直接お顔をあわせてお会いしながら、いただいたフィードバックを商品開発に反映させ、そのサイクルの中で素材の付加価値をさらに高めていく、食の研究開発機関です。


 Mulletのイベント出店について

mulletは新潟市やその近郊の、様々なイベントに出店させていただいています。

季節ごとのメニューには、紫蘇サングリアやお米アイス、生麹スムージーなど、オンラインショップにはないラインナップがある日も。

安塚の里山の味を、離れた地域の方々にも広く知っていただきたいという想いもあり、主に新潟市近郊を中心に出店させていただいます。

いろいろな場で出店させていますので、ぜひ一度、遊びにきて頂けると嬉しいです。


【キッチントラック mullet 主な出店実績(2020年)】

○潟マルシェ(https://gatamarche.com/)

 ・開催時期 例年5~10月

 ・開催日  毎月第2日曜(8月はお休み)

 ・会場   鳥屋野潟公園鐘木地区 ユスリカの森

○おひさま日曜市(https://ohinichi.com/)

 ・開催時期 例年4~12月

 ・開催日  毎月第4日曜日

 ・会場   点熟(新潟市中央区長潟3丁目6−2)

○沼垂朝市

 ・開催時期 例年4~11月

 ・開催日  毎月第1日曜日

 ・会場   沼垂テラス商店街(https://nuttari.jp/)

○新潟県庁 “今日はキッチンカーの日”(https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kanzai/kitchencar.html)

  ・開催時期(2020年) 5~11月

  ・開催日時 毎週火曜・木曜の11時30分から13時30分まで

  ・会場    新潟県庁 行政庁舎信濃川側 職員会館前

○鄙潟樂(ヒナガタガク) -暮らしのヒナガタ農学校-(https://hinagatagaku.localinfo.jp/)

○カーブドッチ ワインフェスタ2020

○ニューロクサイ市