About

ミラノで出会ったボタニカル

以前、ミラノのあるボタニカルガーデン「オルトボタニコディブレラOrto Botanico di Brera」に行った際、赤紫蘇が目にとまりました。日本でも梅干しを作る際に使う、私にとっても幼い頃から身近な植物です。

イタリアのボタニカルガーデンでは、日本で身近にある植物なども研究対象として植栽されています。植物への深い洞察がベースにあり、そこから食や芸術、文化などに昇華していく様相を、ミラノでは街中から感じ取ることができました。

安塚の里山に暮らしながら

私たちが暮らしているのは、新潟県上越市の中山間地の安塚という地域です。安塚の里山には、様々な樹木や植物が自生しています。

一見、何気なく、ただ生えているだけに見える植物や植生も、丁寧にみつめてみると、それぞれ愛おしく感じられるような個性や、深いストーリーをもっていることに気付きます。

里山にある小さな植生や環境、先人より受け継いできた棚田の美しい風景をより深く理解し、尊重する生き方をつくっていけたら。そんなことを想いながら、この地で立ち上げたブランドが「里山ボタニカル」です。

里山を切りとって、おとどけします

里山に暮らしながら出会う魅力的で価値のある素材を切りとり、丁寧に手を加えて、あなたのいつもの暮らしにおとどけします。里山でのひとときを、普段の暮らしのなかで愉しんでいただければ幸いです。


豊かな里山を、この先の世代へ

舞台は、新潟県上越市安塚区。デザインをくわえながら、この地域の里山の素材をたくさんの方に届けていくことが、地域に受け継がれてきた自然環境と呼応する豊かな暮らしや、生態系を守っていく事にもつながる。そうやって、新潟の豊かな里山をこの先の世代へと届けていきたいのです。


土地の生命力を、ひきだす暮らし

田んぼはお米を生み出すだけで無く、その地域の生態系を支える大切な資源です。私たちは、麹チーズケーキの素材である五百万石(酒米)を、栽培中は農薬や化学肥料を使用せずにつくっています。この地域の自然や土地が本来もつ生命力を尊重し、引き出しながら暮らしていきたいのです。


里山に“なりわい”を生み出したい

里山ボタニカルは、里山に自生する植物や素材を切り取り、丁寧に手をくわえながら届けていくブランドです。この土地の素材をつかい、地域の方と協働しながら加工や生産を行います。そうやってこの地域に、需要や“なりわい”を生み出していきたいと想っています。

キッチントラック Mullet

上越市安塚の里山のめぐみをおとどけしている、里山ボタニカル。私たちは、安塚の素材にデザインを加えながら、里山の価値を伝える食の開発にもとり組んでいます。

そんなフードメニューを開発するのに一役買ってくれているのが、キッチントラック “mullet”。

安塚で採れたさまざまな素材を、私たち独自の視点でその個性や魅力をみきわめ、デザインを加えながらメニューの開発を行なっています。

そして、このキッチントラックでたくさんの方々と直接お顔をあわせてお会いしながら、いただいたフィードバックを商品開発に反映させ、そのサイクルの中で素材の付加価値をさらに高めていく、食の研究開発機関です。

Mulletのイベント出店について

mulletは新潟市やその近郊の、様々なイベントに出店させていただいています。

季節ごとのメニューには、紫蘇サングリアやお米アイス、生麹スムージーなど、オンラインショップにはないラインナップがある日も。

安塚の里山の味を、離れた地域の方々にも広く知っていただきたいという想いもあり、主に新潟市近郊を中心に出店させていただいます。

いろいろな場で出店させていますので、ぜひ一度、遊びにきて頂けると嬉しいです。